【おすすめ】公務員から転職して年収1000万円になった方法をシェアします

年収を偏差値化した世界

年収を偏差値で表すと、どんなことが起きるのでしょうか。

「偏差値」という統計量は、受験戦争を通じて日本社会に定着しています。

私も受験期にはこの言葉が大嫌いでした。

受験業界ではもはやなくてはならない統計量になっている偏差値ですが、その数値の高低のみで進学先を決定する風習から偏差値至上主義を生み出し、”悪の元凶”のように目の敵にされてしまっている一面があります。

実際、偏差値に振り回されて嫌な思いをされた方も多いのではないでしょうか。

しかし、これだけ長きに渡り、日本の受験業界に君臨している指標ですから、使い方次第で大きな恩恵を手にできる優れた面も持ち合わせているはずです。

一方で、この偏差値という数値指標は、受験生時ほぼ毎日のように耳にし、その数値を意識して過ごしていきますが、一旦入試を終え、社会に出ると耳にする機会はほとんど無くなります。

社会人になると自分自身の客観的な立ち居地を把握するものさしは、テストの点数から自分自身の収入へと変わっていきます。(もちろんそうではない方も多くいますが)

そんな社会人にとって、ある種唯一とも言える自分自身の数値化された「ものさし」である収入を、受験期に慣れ親しんだ偏差値で表すと、どのようなことが見えてくるのでしょうか。

年収を偏差値化する前に知っておきたいこと

年収を偏差値化する上でいくつか知っておくべきことをいくつか列挙しておきます。

偏差値の定義

偏差値という統計指標は、上の式で計算することができます。

簡単にこの式を説明します。

  • 標準偏差 ・・・ データの散らばり
  • × 10   ・・・ 散らばりを10区切りにする修正式
  • + 50   ・・・ 平均が50になるようにする修正式

標準偏差というデータの散らばり度を数式に組みこみ、扱いやすいデータに加工したものが「偏差値」という統計量になります。

標準偏差というデータの散らばり度を数式に組みこみ、扱いやすいデータに加工したものが「偏差値」という統計量になります。

標準偏差を図解で解説

標準偏差とは何か!その求め方と意味を図解で徹底解説

こうして定義された偏差値は、次のような性質を持ち合わせることになります。

偏差値の性質

☒ 偏差値50 ⇒ 平均値
☒ 偏差値40~60 ⇒ 68%が所属
☒ 偏差値61以上 ⇒ 上位15%
☒ 偏差値39以下 ⇒ 下位15%

年収を偏差値化する意義は、上記の「偏差値の性質」を年収に当てはめていくことにあります。

年収を偏差値化する意義

なぜ年収を偏差値化しようと考えたのかというと、年収というデータを代表する数値指標として「平均年収」のみが焦点化されすぎていることに疑問を抱いたからです。

当サイトでは「平均値」という指標を用いていろいろなシミュレーションを行い、これからの時代の生き方や暮らし方について提言しているのですが、こうした分析を行っていると「平均値」という指標がもたらすイメージ像が実感する世界と乖離している感覚を抱くことが多々あります。

平均値の何が問題なのか

平均的な年収で、平均的な暮らしはできるのか?

平均値は確かに便利な代表値ではありますが、そこだけに注視してしまうと、見えるものも見えなくなってしまうのではないでしょうか。

そんな思いから、年収を偏差値化した世界を体感してみることにしました。

年収を偏差値化した世界

ここでは国税庁が発表している民間給与実態統計調査|統計情報|国税庁を用いることで、年収を偏差値化してみたいと思います。

f:id:sekkachipapa:20170809112629p:plain

こちらの年収分布をみる限り、正規分布とは程遠い形をしています。

正規分布は試験や身長などのデータを集めた際に見られる左右対称凸形の分布であり、上の年収分布グラフはかなり左側に偏っていることが見て取れるかと思います。

このことが年収を偏差値化する上では大きな問題になります。

年収分布は正規分布と異なり、平均よりも左側(低い年収)に偏っているため、このままでは先ほど紹介した偏差値の性質が当てはまらないのです。

そこで、まず左に偏った形の年収分布を正規分布になるように加工します。

ここでは対数(log)を利用することで正規分布に近付けることに成功したので、その手順を以下で説明します。

年収を対数変換する

度数分布表

上の表が民間給与実態統計調査をもとに、国民給与所得の階級値に対し対数(log)を取ることで作成した度数分布表になります。

この度数分布表をもとに年収分布が正規分布化されているかチェックします。

上の階級値の対数(log)と相対度数をプロットした表を見る限り、左側に大きく偏った年収分布が対数(log)を使うことでしっかりと正規分布化されていることが見て取れます。

よかったよかった。

でということで、この数値をもとに計算式に当てはめ、代表的な年収の偏差値を算出しました。

年収を偏差値化してみた

年収
偏差値
200万円
44.3
300万円
49.3
400万円
52.9
500万円
55.7
600万円
57.9
700万円
59.9
800万円
61.5
900万円
63.0
1000万円
64.3
1500万円
69.3

こちらが各年収の偏差値です。

年収500万円で偏差値55を超えてきます。高校生であれば国公立大学が視野に入ってくる優秀な偏差値ですね。

このように平均年収とは違った印象を持つことができるのではないでしょうか。

受験生時代に自分自身の点数の増減で学力を語ることがいかに危険かを学んでいるにもかかわらず、社会人のものさしである年収は増減のみで語られているのが現状です。

テストの点数とは違い、お金は物価指数や金利、為替など多くの指標が複雑に絡み合い、ここで紹介した偏差値化においても客観的指標としては”かなり脆弱”です。

しかし、報道であるような平均値一辺倒の分析では読み取れる情報量がさらに少なくなってしまいます。

標準偏差を考えずに、平均値のみで分析を行うことはゲーム理論でいうところのゼロ・サム(誰かが得したら、誰かが損をする)的な偏った見方になると言われています。

ここで示した年収偏差値を用いることで、平均年収以外の指標として自分自身の年収はもとより、様々な経済状況を分析できるようになるかもしれません。

年収を偏差値化すること見えてくるもの

受験生時代に自分自身の点数の増減で学力を語ることがいかに危険かを学んでいるにもかかわらず、社会人のものさしである年収は増減のみで語られているのが現状です。

テストの点数とは違い、お金は物価指数や金利、為替など多くの指標が複雑に絡み合い、ここで紹介した偏差値化においても客観的指標としては”かなり脆弱”です。

しかし、報道であるような平均値一辺倒の分析では読み取れる情報量がさらに少なくなってしまいます。

標準偏差を考えずに、平均値のみで分析を行うことはゲーム理論でいうところのゼロ・サム(誰かが得したら、誰かが損をする)的な偏った見方になると言われています。

ここで示した年収偏差値を用いることで、平均年収以外の指標として自分自身の年収はもとより、様々な経済状況を分析できるようになるかもしれません。

数字を読み解く力を身に付けよう

年収を偏差値化した世界は、いかがだったでしょうか。

年収を偏差値で表すことの意味は捉え方により様々ですが、今自分自身が置かれている状況を客観的かつ正確に把握することの重要性は誰しもが必要とする情報なはずです。

テストの点数と違い、年収は努力だけではどうにもならない要素があるとはいえ、「だから何もしなくていい」という考え方は、非常に危険です。

平均値や目先の金額の増減だけで語られがちな年収ですが、ここで紹介した年収偏差値を利用することで、より正確な状況分析ができ、新しい目標を定めるきっかけになってくれたら幸いです。

年収偏差値をUPしたい方は…

公務員から一般企業に転職して年収1000万円になった方法をシェアします

年収を上げるためにはご自身の転職市場価値を知ることが重要です。

その一歩を踏み出すことで、公務員から年収を大きく上げることに成功した方法を紹介しているのでこちらも参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です