RepoLog│レポログ

日々感じたことをレポートするブログ

REPOLOG

日々感じたことをレポートするブログ

年収600万円サラリーマンが住宅ローン3000万円借り、子ども3人を育てる暮らし

年収600万円住宅ローン3000万円

Q.年収600万円のサラリーマンが住宅ローン3000万円を借りると、どのような暮らしになるのか。


住宅ローンについて検討をする際、様々な年収を想定した解説が存在しますが、その中でも、よく目にするのが「年収600万円のモデル」ケースではないでしょうか。

では、なぜ年収600万円をモデルケースとした住宅ローンの解説が多く存在するのでしょうか。

その答えは、家を建てようと考える30代~40代の平均世帯年収が、500万円~600万円程度であり、まさに日本人の平均的な家庭のモデルケースとして情報が多く溢れているのだと思われます。

 

年収600万円のリアルな生活レポートの価値

Googleで「年収600万円 住宅ローン3000万円」とでも検索を掛けてみてください。

その情報量たるや星の数ほど存在しています。

では、なぜ今回私がこのような情報過多な内容をわざわざ記事にしようかと考えたかというと、私自身がこのモデルケースに非常に酷似した人生を送っているからです。

一方、検索をして得られる情報はどれも内容が濃く、とても参考になりますが、どれだけ内容が濃くてもあくまで机上の空論に過ぎません。

そこで、私の生活をもとに、ネットに溢れる情報とは違う実際に年収600万円で住宅ローンを3000万円程度組んだ生活をしているからこそ分かる・感じる真実をお伝えできればと思い、この記事を書いています。

そんな理由から、本日は筆者自身が送る年収600万円の生活を、数年付けてきた家計簿をもとにしたリアルな数値からガチな将来シミュレーションを行い、そこから見える年収600万円の暮らしぶりをお伝えできれば思います。

年収600万円の未来予想図

わが家の将来をシミュレーションするために、次のサイトを利用しました。


このサイトへ、わが家の現状をできるだけ正確に入力し、年収600万円で住宅ローン3000万円を借りたらどのような暮らしが待ち受けているのかをシミュレーションしていきます。

それでは早速、補足情報を添えながらサイトへわが家の情報を入力していこうと思います。

年収600万円で住宅ローン3200万円を抱えるわが家の実態

世帯主(私)の情報

f:id:sekkachipapa:20160920203742p:plain

今回このシミュレーションを行うにあたり、住宅ローンを組んだ2013年当時の情報を入力していきます。

現在(2016年時点)私は35歳になりますが、住宅ローンを組んだ当時は32歳でした。

本人情報の補足としては、以下の通りです。

  • 年収:当時の源泉徴収票に記載された金額
  • 年収上昇率:一般的な上昇率
  • 手取り月収:当時の手取り月収
  • 手取りボーナス:当時の手取りボーナス
  • 退職年齢:60歳定年
  • 退職金:先輩たちを参考に予想

年収上昇率1%は、このご時世ですので夢見がちな数値なのかもしれませんが、2013年~2016年現在までは1%を超える上昇率であるため、この数値を利用することにしました。

住宅ローンについては、こんな記事がよく読まれています。わが家もここで紹介している資産運用術で大きく家計改善につながりました。

家族の情報

f:id:sekkachipapa:20160920203807p:plain

まず妻の情報ですが、住宅ローンを組んだ2013年当時から2016年現在に至るまで専業主婦で子育てや家のことに専念してもらっています。そのため、収入はありません。

子どもについてですが、住宅ローンが開始された2013年の時点では、3歳と1歳の2人がいました。2017年現在は3人目の子供が生まれています。

ということで、わが家の家族情報は「私+専業主婦の妻+3人の子どもの5人家族」です。

給与以外の収入

f:id:sekkachipapa:20160920204259p:plain

わが家の一時的な収入は、大きく分けて2種類あります。

  1. 太陽後発電の売電による収入
  2. 児童手当による収入

まず、1.太陽光発電の売電による収入についてですが、わが家は太陽光発電パネルを4.86kw搭載しており、42円/kwの余剰買取制度を利用しています。

2.児童手当ですが、こちらも給与以外の収入になります。

ちなみに、2016年現在の児童手当の支給額は以下のとおりです。

支給対象年齢 支給額(月額)
0歳~3歳未満 15,000円
3歳~小学校 10,000円(第1子・第2子)
15,000円(第3子以降)
中学生 10,000円

この表にあるように、わが家は第3子までいるためそれぞれの子どもの状況や年齢により3パターンほどに分けて入力しなければいけませんが、一時的な収入を入力する枠が4つしかないため、子ども3人とも月額支給額を10,000円として計算することにしました。

ここまでが、わが家の収入に関する情報になります。

続いて、わが家の支出情報へ移ります。

月々の支出

f:id:sekkachipapa:20160920203828p:plain

月々の生活費は21万円として計算しました。

この数字は、わが家が毎月まとめている家計簿から引っ張ってきた金額をもとにしています。

直近での家計簿をまとめると、次のような支出状況になりました。

f:id:sekkachipapa:20160921170436p:plain

これがわが家の月々の支出状況です。当然臨時出費や光熱費の増減で総額は変化しますが、わが家の月々の支出は大体32万円~35万円の幅になります。

これには、住宅ローン費用と学費が含まれており、ここでのシミュレーション入力では別に入力するため、この2つの項目を差し引きし、

  • 支出額34万円-住宅ローン7.5万円-教育費5.5万円=生活費21万円

を入力しました。

また、子どもが大きくなれば食費・衣類費等は増大することが予想されますので、2020年以降は23万円に増額しています。

そして、固定資産税は2013年から2016年の評価額をもとに入力しています。

一時的な支出

f:id:sekkachipapa:20160920204818p:plain

毎月の支出以外にも臨時で支払わなければならない支出は存在します。

わが家ではボーナスを利用して補っている支出項目があるので、それらの項目を入力しました。

車購入費:2台持ち

  • 1台は200万円程度のファミリーカー(妻車)を7年ごとに買い換える。
  • もう1台は150万円程度の通勤用軽自動車(夫車)を7年ごとに買い換える。

家族旅行費

  • ボーナスから各5万円ずつを積立て、正月休みやお盆休み時に旅行に充てる。
  • 実家帰省費も家族旅行費に含める。

住宅修繕費

  • 火災保険は35年間一括で払い済みのため考慮しない。
  • 地震保険は1年更新で年額16,800円。
  • 修繕費や家電買換え費年額8万円程度を見込む。

車税・車検費

  • 車税は2台で現状47,000円。
  • 車検は2年ごとに2台合わせて25万円程度(1年13万円)。
  • その他、保険代が1台6万円程度。
  • 1年点検やタイヤ交換費用が年額5万円程度。

以上の4項目をボーナス時または貯蓄から捻出する支出として入力しました。

こちらもできるだけ現実に近い金額を心掛けました。

子供3人の教育費

ここでは各時点における学費+習い事を含め「教育費」として入力します。

まず、大前提として私が住む静岡県という地域は、東京やその他都市部ほどお受験という考え方が盛んではありません。

ほとんどの子は受験することなく公立中学まで進学し、高校受験で初めて受験に臨みます。その高校も地域のトップ校から順次存在しており、よほど背伸びをしたり、特殊な教育を望まなければ公立高校へ進学することができるはずです。こうした地域性から小学校から高校までは3人とも公立高校へ進学するという入力を行います。

ただし、幼稚園は私立に通わせているため、幼稚園教育費については、これまでの状況をもとに金額を入力します。

問題は大学の学費です。

これこそ教育費が膨大にかかる時期になるわけですが、当然国公立大学に進学するのと、私立理系に進学するのでは金額も大きく変わってきます。

そこで、この記事では以下の2パターンを想定してシミュレーションを実行しました。

  1. 子ども3人とも国公立大学に通う理想的なパターン
  2. 子ども3人とも私立大学理系に通う過酷なパターン

これにより、大きくわが家の未来は変化することが予想されますので、両パターン見てみることにします。

①:子供全員が国公立大学に進学

f:id:sekkachipapa:20160920204838p:plain

幼稚園の学費

  • 1人目が月額26,000円
  • 2人目が月額13,000円
  • 3人目が月額13,000円

となっています。3人目の保育料無料という政策が2016年度よりスタートしましたが、これはよく調べると、1番上の子が小学校2年生までという限定条件が付与されています。わが家の3人目の子が幼稚園に通う時点で、1番上の子は小学校2年生になってしまい保育料無料の恩恵は受けられず、半額分を支払わなければいけません。

幼稚園での習い事費

  • 年少では特に何もしない
  • 年中では1つ好きな習い事をさせる
  • 年長では2つ好きな習い事をさせる

幼稚園での習い事は現在このようなスタンスで子どもに行っています。これらの費用を現状から算出した金額を幼稚園の学費として入力しました。

小・中・高・大の学費&習い事

lify.jp

小学校・中学校・高校・大学での教育費は上のサイトの金額を参考にさせていただきました。現在は高校の学費は就学支援金の支給により、実質無料です。この支給が15年後も続いているかは分かりませんが、現状を参考にしました。

以上により、わが家の現状情報の入力が完成しました。

②:子供全員が私立大学に進学

恐ろしく教育費が掛かることが何となく分かるため、シミュレーションを行うことをためらってしまいます。

ここでのパターンでは、最も学費が高額になる子供3人が私立大学「理系」に進むということを想定していきます。

入力した大学時の教育費はパターン①と同様子育て費用はいくら必要?幼稚園から大学卒業まで? | 保険比較ライフィから引っ張ってきた4年間の総学費800万円を参考にしました。年額にして一人200万円もの教育費になります。

 

年収600万円のわが家の未来予想図(①)

これらの項目を入力することで、今後のわが家の収支・貯蓄推移がグラフとなって確認できます。それでは、パターン①(子供全員が国公立大学に進学した場合)におけるわが家の未来を見てみたいと思います。

f:id:sekkachipapa:20160920204921p:plain

上図がわが家の収入と支出の推移になります。このシミュレーション結果を見ると、

  • 10年後の貯蓄残高が512万円
  • 60歳時の貯蓄残高は1456万円
  • 住宅ローン返済終了時の貯蓄残高は1036万円

となりました。

パッと見た感想としては、もっと厳しい結果を予想していましたが、「なんとかやっていける」という希望が持てる結果だと感じました。

続いて、貯蓄残高をグラフで見ることができますので、紹介します。

f:id:sekkachipapa:20160920204942p:plain

貯蓄は上下しながらも、なんとかプラスで推移していることが見て取れます。私が51歳のときに一旦貯蓄は底をつき、マイナスに転じてしまいます。

この時期は子どもが大学生になる時期で、例え3人とも国公立大学に合格してくれたとしても、厳しい現実が待ち受けていることが見て取れます。この時期までにどれだけ住宅ローンを返済していくか。貯蓄を増やしておけるかがカギになりそうです。

パターン①における課題

この超理想的な教育費の支出状況であれば、私(夫)一人での収入でも何とかやっていけそうな結果となりました。

ただ、この超理想的なパターンにおいても課題はいくつか存在しています。特に、課題と感じる部分をまとめてみました。

課題① 私(夫)が死亡した場合

現在、私自身は生命保険を掛けてはいますが、ここで想定した私の生涯収入と相当程度の保険金額は掛けていません。これは本当にわが家の大きな課題です。

私が死亡することで住宅ローンの支払いは必要なくなるわけですが、それでも日々の生活費や子ども達の教育費を賄うだけのプランニングはできていないのが現状です。

当然これらの費用を賄えるだけの保険料が支払われる生命保険の商品は、高額になっていきます。今の生活バランスを崩しても万が一に備えるべきかどうか、頭の痛い問題です。

課題② 退職金等が減額した場合

このパターン①でのシミュレーションによると、私が定年する時点で手元にある貯蓄は1456万円と予想されています。

しかし、定年時にはまだ住宅ローンの支払いが残っているため、定年後は住宅ローンの支払い及び夫婦の生活費を私の退職金と夫婦の年金で賄っていく必要があります。その他、親の介護費用なども発生してくるかもしれません。

これらは、現状私の退職金と年金が頼みの綱となっています。老後資金はよく3000万円とも5000万円とも言われていますが、とてもそうした水準には達していないことが見て取れます。こちらも生命保険同様、年金積立て等を検討していく必要性を感じています。

パターン①における課題は、住宅ローンの繰り上げ返済による早期完済により、生まれる余剰資金を老後の蓄えとして確保できるかどうかがカギとなりそうです。

ということで、超理想的パターン①では、課題が残るものの何とか現状の生活レベルを落とすことなく生活ができるという道筋を持つことができました。

それでは、続いて子ども3人がお金が最も掛かるという私立大学理系に進学した過酷なパターンを見ていこうと思います。

年収600万円のわが家の未来予想図(②)

f:id:sekkachipapa:20160920205053p:plain

上図がわが家の収入と支出の推移になります。このシミュレーション結果を見ると、

  • 10年後の貯蓄残高が512万円(ここまではパターン①と一緒)
  • 60歳時の貯蓄残高は-65万円
  • 住宅ローン返済終了時の貯蓄残高は-485万円

となりました。貯蓄残高のグラフを見ていただけると、わが家の未来がどれだけ厳しいか一目瞭然です。

f:id:sekkachipapa:20160920205114p:plain

グラフを見ると、長男が大学に入学後から急激に貯蓄が減少し、次男が大学に入ると一気にマイナスへと進んでいきます。その後はもう目も当てられない状態へと突き進んでいくことになります。

パターン②の分析を終えて

このシミュレーションを見る限り、年収600万円のサラリーマンが住宅ローン3000万円を抱えて子ども3人を育てていくことは無謀であると表現するほかありません。

問題点は明らかに子ども達の学費になります。当然パターン①での課題点「私が死亡した場合」と「老後資金」も消えたわけではありません。この結果を見る限り、次の疑問を抱きます。

Q.年収600万円で住宅ローン3000万円を借りたサラリーマンは、子どもの将来の選択肢を制限していかなければいけないのか。


この問いに対し、わが家には、残された道がただ1つあると考えています。それは「妻に働きに出てもらう」ということです。

一番下の子が幼稚園に入ってから働きにでることも考えられますが、ここでは手堅く小学校にが上がる2023年ごろ(妻が38歳)から働きにでてもらうこととしました。

ということで、わが家に残された最後の選択肢であるこのパターンでシミュレーションを行ってみようと思います。

年収600万円のわが家の未来予想図(番外)

ここでは、3人目の子どもが小学生に上がる2023年から妻が60歳を迎える22年間働きに出てもらうことを想定し、妻の収入は月々の手取りが8万円、年収にして96万円程度を見込んでいくことにしました。

f:id:sekkachipapa:20160920205134p:plain

上図がわが家の収入と支出の推移になります。このシミュレーション結果を見ると、

  • 10年後の貯蓄残高が512万円(ここまではパターン①&②と一緒)
  • 60歳時の貯蓄残高は1,760万円
  • 住宅ローン返済終了時の貯蓄残高は1,628万円

これはパターン①の理想形をも上回る貯蓄額です。貯蓄額のグラフは次のとおりです。

f:id:sekkachipapa:20160920205205p:plain

一度もマイナス貯蓄に転じることなく、順調に貯蓄額が推移していきます。想像以上に妻に働きに出てもらう効果が表れています。

妻の生涯収入はパターン①&②に比べ、約2000万円程度増加することで、子どもの教育費も捻出することが可能になっています。

パターン③における課題

このパターン③を見る限り、わが家では妻に働きに出てもらうという選択肢は非常に有効に作用することが分かります。それでは、妻に働きに出てもらえれば課題はすべて解決するのでしょうか。

残念ながら、妻が働きに出ることにはそれ相当のリスクも浮かび上がってきます。 ここで私が思いつく課題点は主に以下の2点です。

課題① 妻が死亡した場合

収入の見込みを妻にも期待するということは、保証も充実させていく必要が出てくるわけです。私が死亡した場合と同様、妻に見込む生涯収入を保証する保険に加入しなければなりません。

現状わが家では、妻の医療保険には加入しているものの、妻の生命保険には加入していません。妻による収入を期待するにせよ、しないにせよ検討する必要がある妻の生命保険ですが、生命保険に加入するべきか貯蓄を増やしていくべきかのいずれかの選択をしなければなりません。これは大きな課題です。

課題② 収入が増えることでのリスク

わが家には共働き時代の痛い経験があります。

収入が増えるということは、ストレスが増えるということでもあり、それはお金の使い方が今よりも荒くなってしまう危険性をはらんでいます。この記事で書いていますが、わが家では共働きによるストレスから、支出が増大してしまった過去があります。

上のシミュレーションでは、生活費の金額は私の一馬力時と同じ金額で行っています。収入が増えることで、

  • 子どもの教育費を増やす
  • 外食を増やす
  • ご褒美という名の浪費
  • 車や日用品のグレードUP

などが行われてしまうと、このパターン③での結果も大きく変化することでしょう。これこそパターン③の一番現実的なリスクといえるかもしれません。

【まとめ】年収600万円サラリーマンの暮らし

ここまで長々とわが家のシミュレーションにお付き合いいただき、ありがとうございます。

この記事では、3つのパターンを想定しリアルでガチな年収600万円サラリーマンの抱える問題を晒してきました。

インターネット上にあふれる年収600万円のモデルケースでは最終的に住宅ローン3000万円は、しんどいという結論が導かれています。

わが家の現状をできるだけ正確に反映させたシミュレーションにおいても、この結論が変わることはありませんでした。

特に、わが家は子どもが3人もいるという無謀に輪をかけた状況なのかもしれません。しかし、そこには暮らし方次第で対応できるという希望を抱くこともできました。(私が楽観的なだけで、見る人が見たら破たんしていると感じる結果かもしれません。)

ただ、こうしてシミュレーションを行うことで、わが家の必要な課題が浮き彫りになったことで対応策を早期に練っていくことができます。

これはどんな年収レベルにおいても大切なことだと言えますが、平均値での想定では見えにくい課題が内在しているかと思います。

年収600万円で3000万円以上の住宅ローンを組む家庭において、お金の優先順位を付けることは将来を見通し暮らしていくうえで絶対に必須条件です。

まとめのまとめ

年収600万円のサラリーマンにとって、すべての項目を理想的な状態で維持することが困難であることがよくわかりました。

3年間住宅ローンを返済する中で感じる責任感の大きさと将来への不安感の増大は、それまでの暮らしを激変させるに十分な威力を持っていたのです。

シミュレーションを行うことで、その責任感と不安感はさらに大きくなりましたが、決して悲観的になるつもりはありません。

そうした気持ちがなぜ、どうして湧き上がってくるのかその原因が明確にし、不安を取り除くための努力や手立てを行うことができるからです。

ちなみに、私は公務員から一般企業へ転職をし、2018年からは大学院に通うことになっています。

もしこのレポートを見て、ご自身の年収に不安を覚えたら市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)! で無料の市場価値診断をやってみてはいかがでしょうか。無料登録すれば、簡単にあなたの適正年収を算出してくれますよ。

以上、年収600万円サラリーマンが住宅ローン3200万円を借り、子供3人を育てる暮らしのリアルでガチなシミュレーションでした。

当レポートがこれから家を建てるサラリーマンパパの参考になれば嬉しいかぎりです。

 

最新レポート

レポート一覧

レポート一覧
TOP画面へ