RepoLog│レポログ

日々感じたことをレポートするブログ

REPOLOG

日々感じたことをレポートするブログ

転職エージェントとは、何者なのか?その利用価値について徹底解説

企業が中途採用を行う場合、中途採用者にはどのようなスキルを求めているのでしょうか。

ここでは大手の転職サイト内でエージェントとして務めた後、独立し、現在はキャリアコンサルト(国家資格)として多くの転職者を支援してきた私自身の知識と経験をもとに「企業が転職者に求めているスキル」について解説しながら、転職エージェントを利用する価値について紹介していきます。

転職体験談公務員から一般企業に転職し、人生を切り開いた方法をシェアします 

 

転職したいけど、しない人の頭の中

f:id:sekkachipapa:20180905174957j:plain

転職を考えている方の多くが、前職で培った高度な知識や技術こそ中途採用者に求められるスキルであると考えています。

そのため、自分自身はそこまでの職務能力を有していないからという理由で、転職に対し尻込みしている方が大変多くいます。

もちろん、高度な知識や技術を持ち合わせた人材は、転職市場で大きく評価されることは間違いありません。

しかし、私の経験上、企業が中途採用者に求めていることはそうした稀有な能力を持った社会人だけではないということを声を大にしてお伝えしたいです。

そこで、ここでは「企業が転職者に求めているスキルとは何か」を明らかにし、私たち転職エージェントの担う役割についてご紹介していければと思います。  

企業が中途採用者に期待すること

f:id:sekkachipapa:20180905175816j:plain

まず考えてほしいことが「企業はなぜ新卒ではなく中途採用人材を採用するのか」ということです。

そこには大きく分けて2つの理由があります。

目標や戦略を実現するための人材の確保

一つ目は、企業が設定した目標や成長するための経営戦略を実現するために、自社で欠けている、もしくは不足しているスキルを持つ人材を獲得するためです。

これは現時点で不足しているというケースもあれば、将来の企業活動を予測してというケースもあります。

この一つ目の理由から中途採用者の獲得を目指す企業にとって、中途採用者に期待されるスキルはすでにある程度の職務能力を身に着けていることであり、採用時点で「何ができるのか」ということが重要になります。

このパターンこそ、前述した転職を考えている方の多くが抱いている転職者に求められるスキルイメージと合致したパターンといえます。

つまり、こうした経営目標や戦略を実現するために社会人として一定のスキルを既に持っている即戦力となる中途採用者は企業にとって必要不可欠といえます。

ですが、企業が求める人材はこれだけではありません。

実は、もう一つ別の理由から中途採用者を獲得しようとするパターンもかなり多く存在しています。

職場内の環境を打破する人材の確保

企業が中途採用者を採用する二つ目の理由は、職場や組織の活性化です。

豊富な人材が企業内に常に存在し、企業内部の配置異動のみでマンネリ化を防ぎ、組織として緊張感を保ち続けることが可能である企業はあなたが想像しているほど多くは存在しません。

特定の組織や職場に同じメンバーが長期にわたって所属し続けると、そこでの暗黙のルールが生まれ、活発なディスカッションや情報交換の頻度・質を著しく低下させていきます。

会社の経営者として、仲の良いなれ合いの組織運営を好む方は表面的には推奨していたとしても、積極的にその状況を生み出そうと考えている方はいません。

こうした理由から、職場や組織に対して緊張感と新しい息吹を吹き込み、閉塞感や硬直性を打ち破ってくれることが期待できる社会人経験を有する中途採用者こそ、経営者や採用者にとって価値ある人材となるわけです。

あなたの転職市場価値はどちら?

f:id:sekkachipapa:20180214095205j:plain

転職を考える際、自分自身の転職市場価値はどちらにあるのかを自問自答していきましょう。

  • 専門的な技術で会社に貢献していく人材なのか
  • 組織や職場を活性化させることができる人材なのか

転職市場へ自分自身を売り出していく際、自分自身はどちらの人材として価値があるのかを明確に認識しておく必要があるわけです。

とはいえ、あなたが専門的な知識や技術をすでに有しているいるのであれば何も問題はないはずです。

高い専門性や達成してきた経歴が高ければ高いほど、転職市場価値は上昇していきますので、転職サイトにそうした人材である根拠を登録さえしておけば、企業間の獲得合戦からより好条件の転職先が見つかります。

そこでここでは、特に専門的な知識や技術を持ち合わせていない方に向け、以下で転職を成功させるノウハウについて紹介していくことにします。

 

専門的な技術力がない転職者に求められること

f:id:sekkachipapa:20180905135525j:plain

企業が中途採用者に求めるスキルには、中途採用者を採用する理由により大きく異なることをここまでで説明しました。

一つ目の経営戦略に直結した人材として、求められるスキルはいうまでもなく「知識・技術」というものでした。

では、二つ目の組織の活性化を目的とした人材にはどのようなスキルが求められるのでしょうか。

次のグラフは日本経済団体連合会が企業を対象に行った採用に関するアンケート結果をまとめた報告書(2017年度採用に関するアンケート調査結果)内で紹介されている「選考時に重視する要素」の上位5項目の推移です。

このアンケートを見てわかるように企業は採用者に対し、「コミュニケーション力」を非常に重要視していることがよく分かります。

そして、このコミュニケーション力こそが組織活性化を目的とした中途採用者の選考時に重要視されるスキルとなります。

「コミュニケーション力」とは何か

「コミュニケーション力が必要なスキル」と聞いて、あなたはきっと「何て曖昧なことを言うんだ」と思われたのではないでしょうか。

事実、何をもって「コミュニケーション力が高い」と判断するのかという段になると、途端に怪しく数値化が難しい話になってくるわけです。

しかし、この曖昧なコミュニケーション力を企業側が強く求めていることだけは間違いありません。

そこで、企業側が新卒ではなく中途採用者に求めるコミュニケーション力の正体について、エントリーシートや面接から採用担当者が数値化する要素をここで明らかにします。

  1. コーチング能力
  2. 判断能力
  3. ストレスマネジメント
  4. 傾聴
  5. 交渉スキル
  6. 変革時のリーダーシップ
  7. 適応力

コミュニケーション力をさらに細かく"因数分解"し、特に中途採用者を選考する際に企業側が数値化するポイントを書き出してみました。

ここで何が言いたいのかというと、コミュニケーション力を辞書通りに意思疎通する力と受け取ってはいけないということです。

企業はコミュニケーション力をより細かく採用する基準に沿う形で"因数分解"し、できるだけ具体的かつ数値化しやすい項目へと落とし込んでいきます。

そして、この"因数分解"の仕方は、新卒採用と中途採用では大きく異なり、新卒ではその要素を学生時代の研究や活動内容からあくまで期待値として数値化するのに対し、転職者は実際に行ってきた職務実績や経験から数値化されていきます。

転職エージェントを活用すべき理由

f:id:sekkachipapa:20180212155541j:plain

もしあなたが企業が求める2つの人材の中で、自分自身を活性化する人材として転職市場へ勝負に出るのであれば、転職エージェントの力を借りることを強くお勧めします。

その理由は、企業が求めるスキルであるコミュニケーション力をどのように因数分解しているかという情報が必須であるためです。

面接で発信する内容や話し方が同じであったとしても、企業がそれをどう因数分解して評価していくかによって、あなたを「積極的」と受け取るのか、「遠慮のなさ」と受け取るのか変わってきます。

それは企業がコミュニケーション力をどのように因数分解しているかによって、数値化されるポイントが変わってくるからです。

この転職採用時に最も重要となるコミュニケーション力をどう因数分解しているのかという情報を得るには、希望する企業の採用担当に知り合いでもいない限りは転職エージェントの力を借りるしかありません。

むしろ、こうした情報を提供するところに転職エージェントの価値があるといえます。

求人票に記載されている曖昧な人材像から具体的な評価項目に落とし込むことは転職者自身ではほぼ不可能です。

裏打ちされた情報と経験から正確な落とし込みを行ってくれる転職エージェントの存在があって初めて、あなたの価値と企業の求める人材像を結び付けていくことが可能になるわけです。

以上、ここでは「企業が転職者に求めているスキルとは何か」について説明したうえで、私たち転職エージェントの担う役割についても併せてご紹介させていただきました。

最後になりますが、あなたの転職が成功することを心より祈っています。(大澤)

 

最新レポート

レポート一覧

レポート一覧
TOP画面へ