RepoLog│レポログ

研究職サラリーマンが日々感じたことをレポートするブログです。

【2017年版】浜名湖パルパルのお得な割引5選と、安い利用方法をリサーチ

浜名湖パルパル

【目標】浜名湖パルパルをお得に遊び尽くしたい

先日、家族+祖母の5人で浜松市舘山寺にある遊園地「浜名湖パルパル」へ行ってきました。とても楽しく過ごせたのですが、そこで感じたことがあったのでレポートします。

本日は、

  1. 浜名湖パルパルにできるだけ格安に入園する方法
  2. フリーパス vs 乗り物券のお得な利用リミットライン

の2点について、【永久保存版】の名に恥じないようレポートしていこうと思います。

 

家族で浜名湖パルパルへGO!

パルパル入口


先日、休日を利用し家族4人+祖母の5名で浜名湖パルパルへ行ってきました。

「浜名湖パルパル?」

と全国的には知名度の低い遊園地になるかもしれませんが、静岡県民でパルパルを知らない人は当然いない、浜松市浜名湖に隣接する大型リゾート型遊園地です。ちなみにパルパルのキャラクターは36体もおり、アンパンマンの生みの親やなせたかし氏がプロデュースしています。園内には30種類のアトラクションがあり、夏場は流れるプールも利用できます。

わが家は、子どもが生まれてからのこの6年間は、毎年1回~多い時で3回ほどパルパルに家族で訪れています。

パルパルは、私が子供のころからあり、幼稚園や小学校の遠足などでも利用した経験があり、親子二代でお世話になっているまさに静岡県には無くてはならないテーマパークなのです。

そんな静岡県民憩いの場所をできるだけお得に、かつどう利用すべきかを徹底的にリサーチしてみました。

まずは「基本料金」をCheck!

この浜名湖パルパルには、実に様々な料金プランが存在していますが、ここでは浜名湖パルパルの遊園地に限定したお得な利用方法を紹介していきます。

まずは、一番基本的な利用料金から確認していきます。

パルパル入園料


こちらが浜名湖パルパルの入園料になります。入園料とはまさに字のごとく浜名湖パルパルに入るための料金でして、入園料だけでは30種類あるアトラクションが1つも利用することができません。

そこで、アトラクションを利用するために、別途アトラクション使用料を支払う必要があるのですが、このアトラクション使用料には大きく分けて2種類が存在します。

(その1)フリーパス券

パルパルフリー料金


「フリーパス」については、まさにフリーパスです。パルパル内に存在する30種類すべてのアトラクションをすべて何度でも利用することができます。こちらの金額には、上の入園料が含まれています。

もうひとつのパス「乗物限定パス」は、

  • メガコースター「四次元」
  • ワイルドストーム
  • ジャングルマウス
  • ミニコースター
  • エビーノジャンプ
  • 急流すべり「ドン・ブラーコ」
  • キャプテンパレオの海賊船

以上、7つのアトラクションは利用できず、残りの23種類のアトラクションに関しては自由に何度でも利用することができます。こちらも入園料は込みの料金です。

ちなみに、「乗物限定パス」で乗ることができない7種類のアトラクションは、絶叫系のアトラクションになっています。

乗れるアトラクションに違いがあるこの2つのパスが1つ目のパルパルのアトラクション利用方法になります。

(その2)プリペイドカード

もう1つのパルパルのアトラクション利用方法は、園内に設置された自動販売機で購入できる「プリペイドカード」を購入する方法になります。

パルパルプリペイド料金


入園料を支払い、パルパルに入園後プロペイドカードを購入し、家族で金額分のアトラクションに乗ることができます。

パルパルのアトラクションについては、1回300円~800円掛かるため、家族4人で1つのアトラクションを利用しようとすると約2000円程度支払わなければいけません。

のちほど、「(その1)フリーパス」と「(その2)プリペイドカード」のお得な利用条件をレポートしていきます。

その前に、まずはできるだけ入園料を安くお得に浜名湖パルパルを利用する方法について紹介します。

浜名湖パルパルをできるだけ安く利用する方法(表技)

上で紹介した浜名湖パルパルの料金表を見ていただければ分かるように、結構お高めな料金になっています。

子供が楽しんでくれるのは嬉しいけれど、できるだけ安く済ませたいと願うのは親の常ではないでしょうか。

ここでは、全部で3つの方法を紹介します。

1番お得「3歳無料キャンペーン」

パルパル3歳無料


家族3人で2,200円
も安くパルパルを利用することができます。調べてみると、これがまず圧倒的にお得にパルパルを利用する方法でした。

ただ、3歳誕生日から1か月間しか利用できないという制約もあり、かつある意味一生に一度しか利用できません。ですが、とてもお得なキャンペーンですので利用したいところです。

こちらのキャンペーンは静岡県民以外の方でも利用できます。

【遊園地デビューをパルパルで!】3歳ファミリー無料ご招待キャンペーン!! | 浜名湖パルパルから、キャンペーン申込用紙をダウンロードし、持参することで、ご家族の入園料が最大3名まで無料になります。

いつでもお得「メルマガ会員」

パルパルメルマガ


おひとりにつき200円割引
が適用されます。たった200円かよ。と思ってしまいますが、4名なら800円です。浜名湖パルパルの駐車場利用代金が800円ですので、こちらが無料になるというわけですね。

利用方法は、こちらのフォームから空メールを送るだけです。

その他の割引方法

その他浜名湖パルパルの割引が受けられる方法は、

  • 団体割引(15名以上)学校遠足割引…フリーパスで1000円程度
  • 年間パスポート…10,100円で年間フリー(3回以上利用でお得に)
  • JAF会員割引…会員証提示で100円引き(HPでは確認できず)
  • 近隣ホテル宿泊で割引…ホテルにより割引率は様々

などが、あります。

ここまでの紹介で分かって頂けたかもしれませんが、はっきり言って浜名湖パルパルを激安に利用する方法は、ほぼ皆無なのです。また、コンビニや旅行代理店での前売り券も割引は一切ありません。

以上、浜名湖パルパルは、お得に利用できないというレポートでした。

…ちょっと、待って下さい!

と、ここで終わってしまってはせっかくこのレポートにたどり着いてくださった方に申し訳ありませんので、とっておきの世間様にはあまり知られていない浜名湖パルパル割引について紹介させてください。

浜名湖パルパルをできるだけ安く利用する方法(裏技)

遠鉄キッズ


浜名湖パルパルの親会社は遠鉄グループなのですが、そのキッズクラブに加入することで、お子様の誕生月に入園料が無料になるキャンペーンがあります。

これはお子様が3歳以降毎年使える特典になり、わが家も先日これを利用して浜名湖パルパルへ行ってきました。

こちらパルパル以外にも特典がとてもたくさんあり、私の妻は「とてもお得なので、子育て家族は絶対加入したほうが良いですよ。」と申しております。

すみません、私の情報力では、この程度が限界でした。もう少し裏技があるかと思いましたが、残念です。

このままでは本当に期待された方に申し訳ありませんので、最後に次のテーマについて分析してみました。

「フリーパス」と「プリペイド」どっちがお得?

上の基本料金で確認したように、浜名湖パルパルにはプリペイドカードなるものが存在しています。

また、フリーパスにも「完全フリーパス」・「乗り物限定パス」の2種類が存在しており、「入園料+プリペイド」を加えれば3種類の利用方法から選択することになるわけです。

そこで、ここではどういった遊び方をすれば、どの利用方法がお得になるのかについて分析してみました。

親+子供1人(2歳以下)ケース

まず、パルパルのアトラクションに関して言えることは、2歳以下のお子様が利用できるアトラクションはかなり限られているということです。

そのため、2歳以下のお子さんを連れて行く場合は、基本的には入園料+プリペイドカード購入での入園をお勧めします。

親だけ絶叫系などのアトラクションを楽しみたい場合は、フリーパスを利用することも考えられますが、基本的にはプリペイドカードで5,000円までは入園料+プリペイドのほうが安く済み、私の経験上2歳児を連れて5,000円以上アトラクションを遊ぶことはないと思います。

☑ 2歳児以下がいるご家庭は、プリペイドカード利用がお得 

 

親+子供1人(3~6歳)ケース

3歳児になると、遊べるアトラクションが増えてきます。ただ、絶叫系は年齢制限とともに身長制限が設けられているため、やはりこの年齢のお子さんには利用は難しいです。

まずは、一旦次の比較表をご覧ください。

パルパル料金一覧


先ほど述べたように、絶叫系のアトラクション利用が難しい年齢のお子さんを連れての入園になりますので、1日遊びつくしたい場合でも、この年代のお子さんを連れてパルパルに行く場合は、フリーパスを購入するのではなく、乗物限定パスの購入をおすすめします。

理由としては、乗物限定パスで乗れないアトラクションは上で紹介しましたが、いずれにせよ3歳~6歳児では乗れない可能性が高い(年齢制限とともに身長制限で制限される)ためです。

ただ、この年代のお子さんを連れてのケースの場合は、プリペイドカードを利用するすることをおすすめします。

その理由は、次の通りです。

例えば、ゴーカートで遊ぶ場合を考えてみてください。ゴーカートは2人乗りのため、子供と保護者1名が遊び、もう一人の保護者は写真を取るなどして待っている事になります。この場合、ゴーカートの利用料は2人分の600円(一人300円×2名)になります。

このように、3歳児~6歳児のアトラクションの利用には家族3人で利用できるものばかりではなく、親子2名で利用するタイプのものも多く存在するからです。

先日、わが家がパルパルを利用した際は、入園料+プリペードカードでアトラクションを利用しました。

そのときの利用状況ですが、プリペイドカード6,000円(3000円×2枚)を購入し、計6個のアトラクションを利用することができました。ちなみに、子供は2人(2人とも3歳~6歳児)で、6個のアトラクション利用ですので、子供1人であれば、10個以上のアトラクションが利用できることになります。パルパルに滞在した時間は、午前10時から午後14時の4時間程度になります。その後、園外のレストランで遅めの昼食を取り、帰宅しました。

つまり、ここで考えている親2人+子供1人(3歳~6歳児)のケースですと、プリペイドカード5,000円(6,000円分)で単純に10個程度アトラクションが利用できるわけです。10個のアトラクションを利用するとなると、滞在時間は6時間程度になるかと思います。土日の混雑時は7時間は滞在できると思われます。

これだけ遊べるのであれば、十分ではないでしょうか。

furもし、それ以上遊びたい場合や6歳程度で絶叫系が大好きなお子さんの場合は、乗り物限定パスやフリーパスの購入もありですが、同乗の必要な年齢でもありますので、親御さんはクタクタになることを覚悟しておきましょう。

☑ 3~6歳児を連れての利用は、プリペイドの方がお得。ただし、5時間以上滞在して遊びたい場合は、乗り物限定パスを購入しよう。

親+子供1人(6歳児以上)ケース

6歳児以上になると、ほぼすべてのアトラクションが利用できるようになります。また、ここで利用できるようになるアトラクションの利用料は、600円以上と高額になってくるため、プリペイドカードの利用よりも、乗り物限定パスか、フリーパスの利用がお得になります。

  • お子さんが絶叫系が苦手な場合は、「乗り物限定パス」
  • お子さんが絶叫系が好きな場合は、「フリーパス」

と、使い分けていただければ、いいかと思います。

親+子供2人以上ケース

このケースになると、基本的には年齢に応じて「乗り物限定パス」、「フリーパス」の利用がお得になります。

ただ、例外として上で紹介した3歳無料キャンペーンの利用時や遠鉄キッズクラブ誕生付き無料キャンペーンの利用時などは、「プリペイドカード」の利用のほうがお得になる可能性が出てきます。

あとは、今回のわが家のように祖父母も一緒に入園する場合も、「プリペイドカード」の利用で十分満喫でき、かつ、乗り物限定パスを利用するよりお得になることが考えられます。

【まとめ】浜名湖パルパルのお得な利用方法

パルパル比較表


上の表が、実際に浜名湖パルパルをよく利用するわが家のデータから導き出したお得な利用方法になります。

残念ながらチケットを格安に入手する方法は、正直パッとしない情報で申し訳ないですが、2種類のパス利用とプリペイド利用の境界線について参考にしてもらえると嬉しいです。

結構高額な利用料が取られる浜名湖パルパルですが、土日でもそれほど込み合うことなく利用できる遊園地です。そのため、高額なのかもしれませんが。

ただ、流れるプールが開催される夏場シーズンや戦隊もののショーが開催される日は込み合いますので、注意してください。

では、皆さん。浜名湖パルパルでいい思い出を作ってきてくださいね。

※この記事内の画像や料金に関しては、パルパルHPより引用

本家本元「パルパル」さんに褒めていただきました 

ご指摘いただいた訂正箇所は、既に訂正してありますのでご安心ください。