RepoLog│レポログ

研究職サラリーマンが日々感じたことをレポートするブログです。

ブログ収益化を目指すなら、会計ソフト「MFクラウド」がおすすめな理由と使い方をレポート

ブログを運営し、収益化を目指していくならば、帳簿を付けなければいけない時代に突入しました。

このことは、ブログ収入が発生!副業サラリーマンにおすすめしたい「開業」のメリット でも述べましたが、今までハードルが低いとされてきた白色申告でさえ、平成26年以降、簡易簿記での記帳と保存が義務化されています。

ブログでの収益化を考えるならば避けては通れない帳簿管理について、本日は私が実際に帳簿を付けるために使用しているマネーフォワード社が運営する「MFクラウド」という完全無料で使用できる会計ソフトを紹介してみたいと思います。

 
ブロガーさんにこそ利用してほしい無料の会計ソフトです。

 

 

 

MFクラウドがおすすめな理由 

このMFクラウドという会計ソフトは、特にブログでの収益化を目指す方にこそ使ってほしい理由があるのです。

ブログ収益が読めない 

ブログ収入という分野は、今まさに発展している分野であり、その収益の額は予想できません。これって結構問題じゃないですか。

というのも、副業としてコンビニや飲食店などでアルバイトをするのであれば、大体発生する所得は予想できます。そのため、発生する所得に対する備えができるわけです。

しかし、ブログ収益に限って言うと、この収益の予測が非常に困難な副業ということになります。

「どうせ大した額には、ならないだろう」と軽い気持ちでブログの収益化を始めたとしても、高額アフィ案件が成立したり、バズやメディアに取り上げてもらうことで広告収益が想像以上に入ったりするなど、ある意味夢のような状態になることはあります。

とはいえ1つの記事で何十万円も稼ぐことは難しいですが、1年間に渡ってコツコツとブログを続けてた結果、当初の想定以上に収益が発生し、確定申告の直前に焦った経験のあるブロガーさんは多くいるのではないでしょうか。

収益が上がることはうれしいことですが、発生する「確定申告」という義務とそれに伴う税金を考えると、頭が痛い状況になってきます。

 
あれ、これって確定申告必要だよな…

 

 

 

そんなときこのMFクラウドであれば、帳簿の知識が全く無くとも白色申告や青色申告10万円控除で使う「簡易帳簿」から青色申告65万円で使う「複式帳簿」まで、簡単に作成してくれるのです。

このMFクラウドの特徴を整理すると、

  1. 帳簿付けはほぼ全自動で、時間が掛からない
  2. 簡易簿記から複式簿記への切り替えが簡単

ということになるわけです。

そして、この2つの特徴は所得が読めないブログ収入を目指す方ならではの

  1. 確定申告が必要になるか分からないから、帳簿作りに時間を掛けたくない
  2. 収入が想定以上増えたときは、青色申告でしっかり節税したい

という悩みにフィットしている特徴であると言えるわけです。

MFクラウドでの帳簿の付け方は後ほど解説しますが、とにかく簡単ですし、時間がないサラリーマン・主婦・学生といったブロガーさんこそおすすめしたいソフトです。

マネーフォワードと連携

まず私がこの会計ソフトを知ったきっかけですが、それは家計簿アプリ・家計簿ソフト「マネーフォワード」です。一時大流行したこのマネーフォワードを家計簿管理で使っている方も多くいるのではないでしょうか。

私自身も、このマネーフォワードを使って家計簿を付けていることもあり、同社が展開する会計ソフトであるMFクラウドに興味を持ち、使ってみることにしました。

使ってみて、まず良かったと感じたこととして、マネーフォワードとMFクラウドが連携しているという点です。

これがどういうことなのかは、後ほど使い方説明で詳しく紹介していますが、ざっくり言うと、マネーフォワードで取り込んでいる銀行やクレジットカードの情報がそのまま帳簿付けに利用できるのです。

マネーフォワードが家計簿を付けるソフトとして爆発的にヒットしたため、すでに利用している(していた)ブロガーさんは多いのではないでしょうか。

マネーフォワード+MFクラウドの二刀流は、家計管理と帳簿付けを一緒にできるという点において、ぜひともブロガーさんにおすすめしたいのです。

 
俺、マネーフォワード使ってたよ。

 
そんな方にこそ、おすすめです。

 

 

 

MFクラウドの簡単な使い方

それでは、どれほどMFクラウドでの帳簿管理が簡単なのかを実際に私が行った手順で紹介してみたいと思います。

STEP① MFクラウドへ登録

まずは、MFクラウド確定申告(個人)のHPにいき、「無料で試してみる」アイコンから登録を行います。

MFクラウド 登録ページへ

すでに家計簿管理でマネーフォワードを利用している方は、マネーフォワードで登録しているメールアドレスとパスワードを使います。

登録が終わったら、続いて事業登録を行います。

STEP② 事業登録

f:id:sekkachipapa:20170224173801p:plain

このような画面の「詳細はこちら」をクリックすると、次のような情報を入力することになります。

f:id:sekkachipapa:20170224173846p:plain

税理士との契約状況は、契約されていない方そのままで、契約している方はその情報を入力します。

f:id:sekkachipapa:20170224173818p:plain

次に、これらの情報を書き込んでいきます。分かりにくいのは、次の2点ですかね。

  • 事業所名 → 名前を漢字で入力
  • 業種区分 → その他
  • 補足情報 → ブログ収入

以上で事業登録が完了します。

続いて、MFクラウドと銀行口座・クレジットカードの連携を行います。

STEP③ 銀行・クレカと連携

f:id:sekkachipapa:20170224173832p:plain

まず初めにやるべきことは、ブログの収入が入ってくる銀行口座や経費を使う際に利用するクレジットカードとの連携です。

家賃や電気代など家事按分を利用する場合は、そうした費用が落ちる銀行口座も連携させておきましょう。

 
マネーフォワード利用者は、この連携が既に終わっていますよ。

 

 

 

私もマネーフォワード利用時に銀行やクレジットカードを連携させていたので、この登録が不要でした。

以上で、MFクラウドを使って帳簿を付けていく下準備が終わりになります。

それでは、実際に帳簿を付けていくことにしましょう。

STEP④ 銀行・クレカの経費

f:id:sekkachipapa:20170225163200p:plain

こちらが、MFクラウドの個人ページTOPになります。

MFクラウドで帳簿を付ける際に、使用する作業は主に2つです。たった2つで、ほぼ帳簿作成が可能なのです。

ひとつ目が、先ほど登録した銀行とクレジットカードで動いた費用の仕分け作業です。

画面の左上、「自動で仕訳」→「連携サービスから入力」をクリックすると、次のような画面になります。

f:id:sekkachipapa:20170225163807p:plain

銀行での出入金やクレジットカードで使用したデータがズラッと並んでいます。

この中には、事業に関係のあるお金の動きと関係のないお金の動きが混在していることが多いと思われます。

そこで、この中から事業で使った経費や銀行に振り込まれた広告料について、右側の「登録」ボタンを押していきます。

これで、銀行口座とクレカ上で動いた経費や収益が、帳簿に記載されていきます。

STEP④’ 家事按分も登録

また、上の「連携サービスから入力」画面上にある家賃や光熱費など家事按分に関する経費も「登録」ボタンを押しておきます。

ただし、家事按分の経費は事業での使用割合(事業比率)を入力していく必要がありますので、もうひと手間加える必要があるのでご注意ください。

家事按分の比率は、画面左「決算・申告」→「家事按分」から事業割合を入力することで、経費計上されていきます。

家事按分の割合については、税務署に説明を求められた際、詳しく根拠を述べられる割合を入力していきましょう。ここで一度登録してしまえば、同じ科目については1年間ほったらかしで帳簿に記していってくれます。

次にやることは、銀行口座やクレジットカード以外で発生した経費の入力です。

STEP⑤ 現金での収益・経費

現金で本を購入したり、情報交流会に参加したりすることはあるはずです。そうした現金で支払った経費についての入力を行います。

現金での経費計上は、画面左「会計帳簿」→「現預金出納帳」をクリックし、画面中央の「仕訳登録」へ進みます。

f:id:sekkachipapa:20170225165931p:plain

この画面になったら、左から

  • 現金が動いた日時
  • 補助科目 → 書籍代などと入力
  • 摘要 → どんな本かなどの情報
  • 出金 → 支払った金額

を入力していきます。

基本的に、この現金での経費入力を行えば、ソフトが勝手に帳簿を作成してくれます。

 
も・もしや、これで終了…!?

 
はい。これで帳簿は完成ですね。

 

 

 

ここで紹介した2つの行程を抑えておけば、MFクラウドが自動で複式簿記に対応した形で帳簿を付けてくれるため、青色申告65万円控除を行う場合でも慌てずに対応ができるわけです。

MFクラウドはブロガーの強い味方

今回のレポートでまとめてみた「ブログ収益を目指す方にこそ使ってほしい会計ソフト"MFクラウド"の特徴と理由」はご理解いただけたでしょうか。帳簿付け入力がいかに簡単か分かってもらうために、使い方も紹介してみました。

 
 えっと、収益化に成功したら考えます。

 
あの、僕の話聞いてました…

 

 

 

とはいえ、会計ソフトに挑戦するのにはハードルがあるのは当然ですよね。私もそうでしたから。

だからこそ、MFクラウドのような完全無料ソフトから、どんなものなかを探ってみるのもありだと思います。

いずれにしても、ブログでの収益化を少しでも考えていくのであれば、こうしたソフトを使いこなす勉強もしていかなければいけないことだけは頭の片隅に入れておくといいかもしれません。

帳簿を付けることで、ブログを事業として捉え、本気になって取り組むきっかけにもつながります。当然、お金の流れもクリアになります。

くれぐれも「めんどくさいから、確定申告しない」なんてことは、やめた方がいいと思いますよ。申告していないことがきっかけで、会社に副業がバレてしまうこともあるようですから。

MFクラウドを使ってみて分からないことがあれば、私に答えられる範囲であればお答えしたいと思います。簿記知識0に等しい私には、答えられないことの方が多いかも知れませんが。

以上、マネーフォワード社が手掛ける会計ソフト「MFクラウド」をPRしてみました。