RepoLog│レポログ

研究職サラリーマンが日々感じたことをレポートするブログです。

【指令】30代サラリーマンの「金銭感覚」を調査せよ!

TOP

自分の金銭感覚は正常?それとも異常?

本日は、そんな疑問をもとに、僕自身の金銭感覚が正常なのか、それともズレているのかについて調査をしてみることにしました。

というのも、仕事を終えたある日、ブロ友のジンさんからこんなお誘いを受けました。

 
「金銭感覚」に関する記事を、一緒に書きませんか~!?

 

 

 

☑ Blogタイトル:おさいふプラス
☑ BlogURL:http://jin-plus.com/
☑ 管理者:ジンさん

 

ジンさんにこうして声を掛けていただくのは今回で3回目になるのですが、いつも大変楽しくコラボさせて頂き、楽しく記事を書かせていただいています。

ジンさんが運営されるブログは、ほぼ毎日更新され、投資やふるさと納税などお金に関する知識が満載です。読むとブログに対する熱い気持ちが溢れてくるブログで、僕にとっては目標となるお方です。

ちなみに、過去にジンさんとコラボさせて頂いた2つの記事はこちらになります。

そして、これらのコラボ記事でジンさんと共にご一緒させていただくのが、ボバさんです。

 
ボバです。今回もコラボ、よろしく!

 

 

 

☑ Blogタイトル:カタテマゴト
☑ URL:http://katatemagoto.com/
☑ 管理者:ボバさん

 

ボバさんは、毎月の貯蓄率が40%を超える驚異の家計管理を実践されている一方で、海外旅行を楽しんだり、DIYで華麗に家具を自作されたりと、良きパパさんでもあります。今回のコラボ記事で、ボバさんがどんな金銭感覚なのか、じっくり分析させてもらいたいと思います。

そして、今回のコラボ記事には、なんと新しいメンバーが参加してくれています。

 
macchiです。どうぞよろしく~!

 

 

 

☑ Blogタイトル:家族みんなが笑顔で貯金♪
☑ BlogURL:http://chisoku.me/
☑ 管理者:macchiさん

 

今回のコラボ記事に加わってくれたのは、我らのアイドルmacchiさんです。

macchiさんは、わが家とあまり変わらぬ収入状況にもかかわらず、何と「総資産2000万円」を達成するほどの家計管理スペシャリストです。macchiさんのブログからは、抜きんでた家計術がにじみ出ており、家計管理が苦手な人から得意な方まで必見の価値ありのブログです。

こんなパワフル&個性的な3人と一緒に、ジンさんから頂いたお題「金銭感覚」について僕も自分自身と向き合ってみることにしました。

 

【指令】金銭感覚を調査せよ

とはいうものの、自分自身の金銭感覚なんて、正常なのか、異常なのか、正直自分自身では分からない感覚です。

そこで、助手の"ハテじろう"に調査を依頼して、僕自身の金銭感覚がどの程度なのか分析してもらうことにしました。

 
お前の金銭感覚を、何でオラが調査するんだよ

 
自己分析はとっても苦手なんですよ。お願いします。

 
しょうがねぇなぁ~。じゃあ、まずこの質問に答えてみろっ

 

 

 

ということで、助手のハテじろうから金銭感覚に関する調査用紙が渡されました。

質問用紙

調査用紙の質問項目は、次の6つについて5段階で自己評価をする形式になっていました。

  1. 食費
  2. 衣類
  3. 子供の教育
  4. 趣味
  5. 住宅・車などの大型出費
  6. 総合的な評価

 

金銭感覚の自己分析

自己分析の結果は、次の通りとなりました。

自己分析

 
趣味にお金を使ってしまっているけど、他は普通じゃないかな。

 
自分に甘いやつだなっ

 

 

…いやはや、自己分析はやっぱり難しいです。各項目について、言い訳自己分析を補足します。

食費の自己評価…「普通」

食費は、お昼ご飯はコンビニではなく必ずスーパーで購入するようにしており、大体500円程度で済ませています。

お酒もタバコもやらないのですが、甘いものが好きで、アイスやお菓子を買ってしまうことがあり、子供とこっそり食べています。

 
これくらい普通じゃないかな。

 

 

 

衣類の自己評価…「とても堅実」

衣類については、昔は数万円もする靴やアウターを買ったこともありますが、最近はユニクロやバーゲン品を着るようになりました。

気に入った洋服をヘビーローテーションするタイプで、買っても気に入らないとあまり着ないことがあります。学生時代に買った洋服や靴をずっと使っていることもあり、衣類費は年間10万円も使っていないはずです。

 
ほぼスーツで過ごすことが多いからなぁ。

 

 

 

教育の自己評価…「普通」

子供の教育費については、こどもチャレンジ+習い事1つという感じです。あとは、パパ塾で力を付けてもらっています。

妻が文系科目、僕が理系科目と、できるだけ親が子供の教育に関わるように心がけています。

 
教育教材を本屋でよく仕入れてくるけど、全体的には普通じゃないかな。

 

 

 

趣味の自己評価…「使いすぎ」

趣味費は、使いすぎていると認識しています。趣味が色々あることも一因ですが、やはりデカい水槽で魚を飼っているわけですから、これにはお金が掛かっていると自覚しています。 

 
趣味を無くすことは、どうしてもできません。

 

 

 

住宅の自己評価…「少々使いすぎ」

住宅費や車費にはお金を掛けてしまっています。特に、住宅費は年収の5倍以上のローンを返済しており、これはもう少し抑えるべきだったと反省しています。

一方、車は2台も持っていますが、できるかけお金を掛けないようにしています。できれば、1台持ちになりたいんですが、田舎暮らしでは難しいです。

 
ということで、自己評価は"少々使いすぎ"かな。

 

 

 

以上が、ハテじろうから頂いた調査用紙の回答になります。

なかなか手の込んだ調査をしてくれましたが、これでハテじろうの調査も終わりでしょうか。アンケートとは、ビックリしましたがお陰で自分の金銭感覚を見つめることができました。

こんな感じでいかがでしょうか、ハテじろう。

 
ふふふ、これで終わりと思うなよ…

 

 

 
えっ、どういう意味ですか?

 
同じ質問をお前の奥さんと、お袋さんにもしてあるんだよ

 
・・・(; ・`д・´)

 

 

家族からみた金銭感覚

妻からの評価 

妻の評価

母親からの評価

母親の評価

 3人の評価を比較

3人の評価

 
どうだ!これがお前の金銭感覚だぞっ

 
・・・(´;ω;`)

 
奥さんからは、手紙も預かっているぞっ

 

 

 

パパへ
いつもお仕事頑張ってくれて、ありがとう。
パパの金銭感覚ですが、趣味にお金を掛けている分、衣類にお金を掛けないようにしているのことは堅実だと思うよ。
食べ物も、洋服も、趣味も我慢だと大変だしね。
家族で楽しく節約生活していこうね。

 

 
えっと、ハテじろうくん。とても恥ずかしいですけど…

 
いい奥さんだな。それにしても、母親はやっぱり厳しい評価だな。

 
…うん、それね。

 

 

金銭感覚調査を終えて

 
以上で、オラの調査は終わりだっ。あとは自分で考えてみろ。

 

 

 

ジンさんの呼びかけで始まり、ハテじろうの調査を終えた今回の金銭感覚レポートを振り返ってみたいと思います。

個人的には、とても恥ずかしい記事に仕上がってしまいましたが、こんな機会でもなければ自分の金銭感覚を分析することなんて無かったと思います。

今回の調査で感じたことは、

  • 妻とは一緒に家計をやりくりしているから感覚が近い
  • 親目線からみると、わが家は浪費タイプに見える(?)

ということです。

特に、家や子供の教育費に関しては、僕も妻も盲目的に突き進んでしまうところがあるのかもしれません。 

家はすでに住宅ローンを組んでおり、どうしようもありませんが、子供の教育費は今一度方向性を妻と話し合ってみる価値はありそうです。

子供が3人いるわが家では、子供の教育費をどれほど抑えることができるかが、家計破たんするかしないかの分かれ道になると予想されています。

今回のコラボ記事では、収入の多い少ない以上に、親として正しい金銭感覚を身につけていくことが大切であると改めて感じる機会となりました。

同時に、自分で自分の家計未来をシミュレーションすることも大切ですが、第三者に客観的に家計を見つめてもらうことも必要なのかもしれないとも感じました。

以上で、コラボ記事を終えたいと思います。

今回も楽しく記事を書くことができました。ジンさんはじめ、ボバさん、macchiさん、ありがとうございます。

コラボメンバーの金銭感覚

  • 「おさいふプラス」ジンさんの金銭感覚

ラーメン一杯にいくら払う?金銭感覚がお金の満足感を上げてくれる

  • 「カタテマゴト」ボバさんの金銭感覚

本当に自分お金の使い方は大丈夫!?主観による金銭感覚について少し考え直してみた

  • 「家族みんなが笑顔で貯金」macchiさんの金銭感覚

金銭感覚のちがいは結婚生活の大きな障壁?!浪費家の夫と結婚した理由