読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RepoLog│レポログ

研究職サラリーマンが日々感じたことをレポートするブログです。

理想の間取りはパクってなんぼ!おすすめパクり先&パクり方の秘訣

理想の間取り

 建築物の間取りに著作権はある?ない?

 このようなタイトルの記事を書くにあたり、まず気になったのが建築物の著作権の問題でした。

 パクりを推奨しておいて、この記事を参考にされた方が訴えられてしまっては困りますので、調べてみました。調べてみて分かったことは、

建築物の間取りには著作権があるものの、現実的には「似て非なるもの」にしかならないため、著作権侵害にはなりにくい

ということでした。

fevecasa.com

この記事で私がおすすめするパクり方の大前提も

  • 「理想の間取りを見つけて、すべて全く同じ間取りにしましょう」ということではなく、「理想と感じる部分をご自身の家作りに取り入れましょう

ということです。これであれば著作権を侵害してしまうことにはなりませんので、安心して本日の記事が書けます。

著作権問題が解決したところで、ここでは理想の間取りを作るために、何を参考にどうパクればよいのかを解説していきます。

 

間取りをパクることの必要性

 家作りにおいて間取り作りこそが住みやすい家作りを決定すると言っても過言ではありません。それほど重要なことを私たちはほぼ知識のない状態で考えていかなければいけないのです。もちろん、ハウスメーカーの営業マンも設計士の方もそのことは重々承知しており、様々な質問を投げかける中で、その人が求めている間取り像を導き出そうとしてくれます。

 しかし、そもそもどんな間取りが可能なのかという引き出しを持っていないとどうしても平均的な家作りになってしまいがちです。平均的であることに特に違和感を感じないのであれば、営業マン&設計士の方々に任せておけば問題なく間取りが完成していきます。ですが、より自分たちの生活スタイルにあった間取りを作っていくには、自らが間取りに関する知識を深めておく必要があるわけです。…とはいえ、それがなかなか難しいのです。

おすすめの「理想の間取り」パクり先3選

 本屋さんに行けば「理想の間取り紹介」なる本は沢山置いてあります。これらをまず見てみるのもいいかもしれません。ただ、それでは話が終わってしまいますので、ここでは私が家作りをする中で、参考になったパクり先を3つほど紹介したいと思います。

家族の成長と共に変化する間取り…タブチキヨシさん

www.instagram.com

 まず初めに紹介するのは、株式会社attract styleで代表取締を務める住宅デザイナータブチキヨシさんのInstagramです。タブチさんが作り出す間取りは、可愛すぎずカッコよすぎないデザインを追求し、ワクワクキャーな家ができると評判です。

 タブチさんのInstagramでは、間取りとともに写真が掲載されていて、図面だけでは分からない完成図をイメージすることができます。

 収納に優れた「ファミリークローク」を取り入れた間取りや「子供はいずれほしいが、1人か2人かまだ決めていない」という夫婦を想定した間取りは一見の価値ありです。

間取り実例集から自分流にアレンジ…sumai sumile

sumai-smile.net

 続いて紹介するのは、積水ハウスが運営する住まいと暮らしを学べるサイトsumai smileです。「わが家は積水ハウスを考えていないんだけど」という方にもとても参考になるので、sumai smileに登録することで使える「かんたん間取りプランナー」というサービスです。(※sumai smileは登録したことで、積水ハウスの営業に合うことはありません。)

 この「かんたん間取りプランナー」では、積水ハウスで実際に家を建てた方の間取りを参考に、パズル感覚でプロのように間取りを作成することができます。ここで作った間取りを設計士の方に見せれば、より自分の理想が伝わりやすくなるはずです。
 ネット上には無料で利用できる間取り作成ソフトは多々ありますが、積水ハウスで実際に建てられた家の間取りがベースになっているところがsumai smileの最大の利点ではないでしょうか。

その後の暮らし知ることができるってスゴい…間取りブログ村トラコミュ

house.blogmura.com

 私は、家作りで最も参考になるツールはブログであると確信しています。なぜなら多くの家作りブログでは、家作りのすべてを見て取ることできるからです。家族構成や予算、家作りにかける思いなど、こればかりは本や大手サイトであっても伺い知ることができない貴重な情報です。それが無料で見れるブログこそ、家作りで参考にしない手はありません。

 素晴らしいと感じる間取りに出会えたとしても、その間取りで生活してみると感じる不具合はどうしてもあるはずです。だからこそ「家は3回建てないと満足しない」と言われているのです。ブログでは、家作りを疑似体験することができるといえます。2回分の家作りを他の方のブログで体験すれば、初めての家作りでも満足する家作りができるかもしれません。

 そして、私が特に参考にしたブログは、一条工務店オーナーさんたちのブログです。

house.blogmura.com

私が選んだハウスメーカーは積水ハウスであり、積水ハウスオーナーさんのブログも大いに参考にさせていただきました。しかし、一条工務店のオーナーさん達のブログは数も多く、記事の質も非常にハイレベルです。理想の間取り選びにもとても参考になるはずです。

他人の間取りをどうパクるべきか

 おすすめのパクり先で、他人の間取り図を見ていくポイントを紹介したいと思います。つまり、どう間取りをパクるべきかというポイントといえます。

 実際に、間取りを見ていただけると分かるのですが、他人の間取りにおいて参考にしたいことは山ほどでてきます。玄関に始まり、収納スペース、リビングに、子供部屋。家には様々な部屋や空間が存在しており、それらひとつひとつの項目でのアイディアをパクっていくこともありだと思います。しかし、私が他人の間取りを見る際の

  • 注目ポイントは「リビング横のスペース」

だと思っています。
 なぜリビング横のスペースに注目してほしいかというと、家作りにおいて個性的な家が演出されている場合、リビング横にアクセントとなるスペースが広がっているケースが多いように感じるからです。リビング内にアクセントを加えているケースもあるので、そこにも注目したいわけですが、いずれにせよ家族が集うリビングをどう演出しているかを間取りから読み取ることをお勧めします。

 リビング横にスペースを取られている場合、和室であったり、子どもの遊び場であったり、一段高いスペースであったりとその家の特性がよく現れる場所です。そのアクセントの付け方は、なかなか自分自身では思い浮かばないアイディアに溢れています。こうしたアイディア勝負の場所こそ、他人の間取りからパクってみることをお勧めします。

 以上、本日は家作りにおいて理想の間取りを作るポイントについて解説させていただきました。これから家作りをされる方の参考になれば嬉しい限りです。